母子・父子家庭の医療福祉費支給制度

[概要]

ひとり親家庭などのお母さんまたはお父さんと、そのお子さんが健康保険を使って病院などにかかったときの医療費の一部を助成します。助成を受けるには、医療機関を受診する際に、健康保険証および医療福祉費受給者証を提示して下さい。また、県外の医療機関を受診した場合は払戻しの手続きが必要です。
ただし、外来では医療機関ごとに1日600円(月2回まで)、入院では医療機関ごとに1日300円(月3,000円まで)の自己負担があります。

[支給内容]

健康保険を使って受診した場合の、医療保険適用分などの医療費(自己負担分を除く)を支給します。 ただし、入院時の食事代や医療保険適用外分は助成の対象外です。

[対象者]

桜川市に住民登録があり、健康保険に加入している次の方
・母子家庭または父子家庭の18歳に達する日以降、最初の3月31日(18歳の年度末)までにあたる児童とその母親または父親
・母子家庭または父子家庭の20歳未満の障害児および高等学校等在学者とその母親または父親

[申請できる人]

対象となる方ご本人
※代理の方でも申請可能な場合がありますので、申請についての詳細はお問合せください。

[申請期日]

随時

[手続きなど詳しくは]

「医療福祉費支給(桜川市サイト)」をご覧ください。

医療福祉費支給(桜川市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく