妊産婦医療福祉費支給制度

[概要]

妊産婦さんが健康保険を使って病院など(※)にかかったときの医療費の一部を助成します。助成を受けるには、医療機関を受診する際に、健康保険証および医療福祉費受給者証を提示してください。県外の医療機関を受診した場合は、払戻しの手続きが必要です。
ただし、外来では医療機関ごとに1日600円(月2回まで)、入院では医療機関ごとに1日300円(月3000円まで)の自己負担があります。

(1)白色の受給者証の方
※産科・婦人科を標榜する医療機関でのみ有効となります。また、産婦人科以外の診療などの検査・診断・治療を要する場合は、産婦人科担当医から事前に紹介状(医療情報提供)がある場合を対象とします。

※産婦人科担当医からの紹介状がないときは、A4版の緑色の申請書に医療機関の証明をしてもらい、領収書を添付し、払戻しの手続きをしてください。

(2)黄色の受給者証の方
県内外を問わず払戻しの申請が必要です。

[支給内容]

健康保険を使って受診した場合の、医療保険適用分などの医療費(自己負担分を除く)を支給します。
ただし、入院時の食事代や妊婦健診などの医療保険適用外分は助成の対象外です。

[対象者]

次の要件を全て満たす方
・健康保険に加入していること
・桜川市に住民登録があること
・母子健康手帳の交付を受けていること

[申請できる人]

対象となる方もしくは配偶者の方
※代理の方でも申請可能な場合がありますので、申請についての詳細はお問い合わせください。

[申請期日]

随時

[手続きなど詳しくは]

「医療費助成について(桜川市サイト)」をご覧ください。

医療費助成について(桜川市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく